【Materiallプレゼンツ】あざとかわいい小悪魔系ロリ娘!松本いちかインタビュー!「おばあちゃんになるまでAV女優を続けてルビー専属女優になりたい」

Materiall第1弾として作品をリリースする松本いちかちゃん。

2019年9月に青春時代からデビューを飾りSODグループ作品はもちろん他メーカー作品に多数出演し、国内最大手AV通販サイトの2021年上半期女優ランキング1位に輝いたトップ女優の1人です。そんないちかちゃんに、月刊SODがデビュー以来となるインタビューを慣行してきました!!

松本いちか(まつもといちか) 2000年2月19日生まれ T156 B83(A)W50 H83 Twitter: @MatuMoto_arrows 2019年9月SODの青春時代レーベルから19歳でAVデビュー。あどけなさ残る表情とリアクション、華奢でAカップのツルペタボディでさまざまなメーカーから作品をリリースするAV界のトップロリ女優。

「ふざけすぎず真面目すぎず、自分が楽しんでやることを大事にしてます」

―2019年9月に青春時代からデビューされましたよね。月刊SODでもデビュー時にインタビューをさせていただいたので今日は持ってきました!

「わー!懐かしいの出てきた。デビューの時のインタビュー、なんとなく覚えてますよ。ファンの人と何やりたい?って聞かれて『流しそうめんやりたいです』って答えたら『は?』って言われたんです(笑)。あとは、いつもは緊張しないタイプなんだけどデビュー作撮影前は緊張して全然寝れなくてそのまま現場に行ったんです。だからこの時は顔色悪いんですよ(笑)」

 

―たしかに顔は白いかも…(笑)。改めてAVデビューのきっかけを教えてください

「もともとAVってどんな風に撮影しているのかすごく気になってたのと、みひろさんが好きで憧れていて、同じ業界に入りたかったっていうのがきっかけですね」

 

―そんなデビューから早くも2年が経ち、トップ女優の1人となりましたね

「いやいやいやいや、全然ですよ~」

 

―今、現役AV女優さんとしてはトップクラスで多くのメーカーで撮影していると思うのですが、やっぱりメーカーによって求められるものって違います?

「うーん…松本いちかに求められるものってだいたい変わらないような気がします。だいたい制服を着た学生役で、痴女だったり、やられる役だったり…」

―撮影の際に大事にしていることってありますか?

「AV業界に入るまではもっとラフな感じで撮影しているのかと思っていたんですけど、みんな本気で取り組んでいて、いろんな人が携わって作品ができあがるということを実感したので、遊びじゃなくて仕事だからふざけすぎないようにしてます(笑)。かと言って真面目すぎるのも疲れちゃうので、自分が楽しんでやることを大事にしてるかも…」

 

―そんな自然体で楽しんでいる姿が支持されているのでしょうね! AV女優さんとしてのお仕事のやりがいはどこに感じてますか?

「作品を観て好きになってくれる人がいるのは、やっててよかったなって思います。ファンの方はもちろん、業界の方でも好きって言ってくれる人が増えると嬉しいですね」

 

―いちかちゃんはイベントでも神対応だと評判ですよね

「それよく言われるんですけど、普通に接してるだけなので自分ではそう思っていないんですよ。私がやりたいことに、みんなが付き合ってくれているっていう感覚で」

 

―意識せずに自然にできているのがすごいです!

「でもたまに、わざとあざといこともやりますよ(笑)」

 

―そんなあざとさも、いちかちゃんの魅力の1つですよね!作品では責める作品も責められる作品も定評があるオールラウンダーな印象ですが、実際の性癖ってSかMかどちらなんでしょうか

「プライベートはMですね~。ちょいSな人に責められたり、言葉責めされたらキュンとしちゃいます」

―撮影だと変わります?

「撮影だと、男優さんを責めた時の鳴き声を聞くのが好きなのでSなんです。責め役は得意でいつもすごく楽しくやらせていただいてますね!」

 

―今回の新メーカー『Materiall』第1弾作品はそんないちかちゃんの責めプレイが堪能できそうですよね!

「M男さんのお宅を訪問して痴女っぽく乳首を責めまくりつつ、私のアナルも舐めさせてあげるっていう作品になっております(笑)」

 

―みどころを教えてください!

「痴女ものは今までも撮影したことあったんですけど、アナルを舐めさせるっていうのはなかったのでまた違った私が見られるんじゃないかな。乳首責めは任せろ!って感じで責めたんですけど、それだけで発射しちゃって、さらにお掃除フェラをしてる時にもまた発射しちゃった人もいました(笑)。そのおじさんにチャイナ服を着させて弄りまくったのでそこもみどころなので、ぜひヌいてもろて(笑)」

「プライベートはMだけど、撮影では男性を責めて出る鳴き声が好きなのでSなんです」

―おじさんのチャイナ服で!楽しそうに男性を責めるいちかちゃんが見られそうですね

「本当に自由奔放にやらせていただいた気がします。M男さん宅に行って、スタッフさんが『カメラ準備するからちょっと待ってね』って言ってるのに『ねーねーやろうよー』って、すでに始めちゃったり…(笑)。衣装がセクシーでTHE痴女って感じでちょっと恥ずかしかったり、アナルを舐めさせたりと新鮮な痴女作品になっていると思います」

 

―楽しみです!ちなみにやってないことはほとんどないかもしれないですが、AVでこれからやりたい企画ってあります?

「ありますあります~!まだご時世的に厳しいかもですが、大人数ものやりたいです。先輩と共演することがあまりなかったので、ぜひ共演していろんなものを吸収したいですね。あとは実写化AV!好きな同人作家の岡田コウ先生と、めぬ。先生の作品をやってみたいです。今までNTRって苦手だったんですけど、めぬ。先生の作品を見ていいなって思うようになったんですよ」

 

―どちらもやってないのが意外です!

「意外とまだやってないのあるんですよ。スーツを着たHなお姉さんもまだやってないんです。年下の子とか責めたいですよね」

―いちかちゃんといえば制服のイメージが強いですが、スーツもめちゃ似合いそうです!

「とはいえ制服が1番安心します。あと5年は制服着たいな…無理かな(笑)」

 

―まだまだ制服も着てほしいです。得意なプレイと実は苦手なプレイってあったりします?

「得意なのはやっぱり乳首責めや、責める系です。苦手なのは…そう、エステもの!」

 

―エステはされる側?する側?

「する側です。敬語が使えないのと、活舌が悪いのでちゃんとできないんですよ。敬語を使う役全般的に苦手かも…あとは特に苦手っていうのはないです」

 

―プレイ的な苦手というより役柄的に苦手ってことですね

「やっぱりやりやすい役ってありますよね。学生や元気系は得意で、内気な役も苦手かもです。すぐしゃべりたくなっちゃうので…(笑)」

 

―デビュー当時は内気そうな雰囲気でしたが…

「それは緊張してたから(笑)。今はマシンガントークで進めていくほうがやりやすいです」

「おばあちゃんになるまでAV女優を続けてルビー専属女優になりたい」

―現時点で、いつまでAV女優さんを続けたいとか目標はありますか?

「物事を始める時ってゴールを決めてて、AVでは自分が満足できた作品を作って、それがめちゃくちゃ売れたら…って思ってるんです」

 

―自分の中ではまだそこまで達していないということでしょうか

「こんなこと言っちゃダメかもですが全部がうまくいったなって思うことがなくて。これは本当にすべてが満足いく撮影だった!そして売れた!!って思える作品をいつか出したいです」

 

―向上心がまだまだあるということですね。でもファンとしては複雑というか…いちかちゃんが満足した作品を見たいけど、でもできたら引退しちゃうかもと思うと…

「あ、でもおばあちゃんまでAV女優は続けたいです! 熟女メーカー・ルビー専属女優になりたいので70歳くらいまでやりたいです。その時にまた『若い時はこんなだったよ』ってインタビューにこたえたいです!」

 

―それを聞いて安心しました!

「飽き性だから1つのことを長続きできないタイプなんですけど、AVっていろんなことをやらせてもらえるし、いろんな人が携わっていて見てくれてるので、気づいたらあっという間に2年経ってたって感覚なんです。だからあっという間に3年5年とか経っちゃいそうですよね」

―正直、デビュー当時はここまで長く続ける女優さんになると思っていませんでした…

「本当ですか(笑)?ファンの方にも『いちかちゃんは忙しすぎてすぐやめちゃいそう』って言われたりもするんですけど、全然まだまだやりたいこともたくさんあるし、新しく見せられるものもあると思うので心配しないでほしいです!」

 

―ではAV女優3年生の目標を教えてください

「今って巨乳の子が売れてるじゃないですか。巨乳ブームの次は貧乳ブームを起こしたいですね!ちっぱいの良さを広めていきたいので、貧乳をフューチャーした作品を作りたいです」

 

―時代は巡りますもんね!では最後に月刊SOD読者の皆様にAV女優松本いちかのセールスポイントを教えてください!

「え!?セールスポイント!?あるかな…」

 

―デビューの時のインタビューでは『ないかも…あえて言うなら素人感』って言ってました

「あ!今も昔もそれは変わらないです!普通の女の子だし、そこらへんを歩いてそうな顔だと思うので、そんな子がHしてるって思ったらやっぱりエロいし1番ヌキやすいんじゃないかなって思います。デビュー当時とは違ってはっちゃけたり、いろんな作品に出させてもらっているので好みの企画の私の作品を見ていただけると嬉しいです。責め系作品では最新作のMateriallさん第1弾がおススメでヌケると思います!そして、いちかちゃんのことが好きになってくれたらうれしいです!」

 

トップ女優になっても変わらないナチュラルにあざとい魅力いっぱいだった松本いちかちゃん。自然体にAV撮影を心から楽しんでいるのが伝わってきて、それが支持されていることが伝わってきたインタビューとなりました。Materiall第1弾作品では、そんないちかちゃんの小悪魔的魅力が炸裂してそうなので要チェック!!

2021年12月23日発売
『焦らして焦らして何度も寸止め!アナルリップさせてくれる乳首チューチュー小悪魔の中出しM男宅訪問』

undefined

SODprimeで見る FANZAで見る Amazonで見る

Posted by aki